ナマステの意味

 

「ナマステ」とはインドやネパールの言葉で、「おはよう」「こんにちは」などの挨拶の言葉としても使われています。サンスクリット語では、「ナマス」は「感謝します」、「テ」は「あなたへ」の意味があります。このように、相手を敬う気持ちを言葉に託して、胸の前で合掌して挨拶をするのです。
この「ナマス」が漢字で音写されて、「南無」になり、「南無阿弥陀仏」の「南無」になりました。このように、「南無」+「阿弥陀仏」で阿弥陀様に感謝します、帰依します、となったのです。また、「阿弥陀」とは、アミターバ(無限の光)、アミターユス(限りない命)からきており、「阿弥陀仏」 という、誰ひとり漏らすとこなく、全ての人々に光をあてる仏様の御名前になりました。

 

広告
Be the first to start a conversation

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。